取扱製品ラインアップ

  • ・ラバーフィックスはストレートアスファルトに比べて軟化点やタフネス・テナシティが高く、感温性や低温脆性を改良しています。
【用途】
  • ・耐摩耗対策が必要な舗装合材用
  • ・耐流動対策が必要な舗装合材用
  • ・すべり止めを目的にしたギャップ粒度の舗装合材用
  • ・透水性開粒度舗装合材用
  • ・橋面舗装合材用
  • ・レジフィックスはポリマー改質アスファルトⅠ型に比べて軟化点やタフネス・テナシティを高め、感温性や高温性状が優れております。
【用途】
  • ・耐流動対策が必要な舗装合材用
  • ・耐摩耗対策が必要な舗装合材用
  • ・橋面舗装合材用
  • ・高温時の耐流動性に優れ、低温脆化に強い特徴を持っています(耐摩耗性、耐ひび割れ性良好)。
  • ・ポリマー改質アスファルトⅡ型と同様の設備・機械及び条件で混合物製造及び現場施工が可能です。
【用途】
  • ・耐流動対策舗装合材用(重交通路線・交差点・渋滞箇所・バス停・コンテナヤード等)
  • ・骨材に対する剥離抵抗性、耐水性に優れています。
  • ・耐流動性に優れています。
  • ・コンクリート床版の動きに追随します。
  • ・混合物の製造施工は改質アスファルトと同様です。
【用途】
  • ・橋面舗装(コンクリート床版)の基層、表層
  • ・橋面舗装(鋼床版)の基層
  • ・排水性舗装の基層
  • ・その他、耐水性を重視する箇所の舗装
  • ・たわみ追随性が高く、骨材に対する剥離抵抗性、耐水性に優れています。
  • ・また耐流動性に優れています。
  • ・混合物の製造施工は改質アスファルトと同様です。
【用途】
  • ・橋面舗装(鋼床版)の表層
  • ・橋面舗装(鋼床版)の基層
  • ・排水性舗装の基層
  • ・その他、たわみ追従性を重視する箇所の舗装
  • ・把握力、粘着力に優れています。
    (混合物の骨材飛散防止)
  • ・耐水性、耐流動性に優れています。
【用途】
  • ・橋面舗装(鋼床版)の表層
  • ・橋面舗装(鋼床版)の基層
  • ・排水性舗装の基層
  • ・その他、たわみ追従性を重視する箇所の舗装

寒冷地

  • ・混合物の低温時の骨材飛散抵抗性、高温時の耐流動性に優れています。
  • ・把握力、粘着力に優れています。
  • ・優れた耐水性を有しています。
【用途】
  • ・積雪寒冷地の高機能舗装
    (排水性舗装・低騒音舗装)

寒冷地高耐久型

  • ・混合物の低温時の骨材飛散抵抗性、たわみ追従性に優れています。
  • ・混合物の高温時の耐流動性に優れています。
  • ・優れた耐水性を有しています。
【用途】
  • ・高耐久性を求められる積雪寒冷地の高機能舗装(ポーラスアスファルト舗装・低騒音舗装)

高耐久型

  • ・混合物の高温時の耐流動性、広い温度領域での骨材飛散抵抗性に優れています。
  • ・交通車両のねじれ抵抗性に優れています。
  • ・把握力、粘着力、耐水性に優れています。
【用途】
  • ・重交通路線のポーラスアスファルト混合物
  • ・より高耐久性が要求される路線のポーラスアスファルト混合物(性能規定発注路線等)
  • ・交差点内のポーラスアスファルト混合物

施工性を改善-次世代型-

  • ・温度低下時での高い締固め性能があるので、施工性の改善ができます。
  • ・アスファルト混合物の製造温度を従来の改質Ⅱ型より30℃程度低減できます。
  • ・プレミックスタイプのため、プラントミックスタイプの添加材と比べて投入手間が省けます。
  • ・従来の改質Ⅱ型に対して耐水性能を改善できます。
  • ・バインダおよび混合物の性状は、従来の改質Ⅱ型と同等です。
  • ・施工は通常の機械編成で行えます。
【用途】
  • ・夜間、冬場、その他施工性改善の必要な場合
  • ・橋梁部、薄層舗装等の混合物温度低下が懸念される場合
  • ・従来の改質Ⅱ型よりも耐水性能を付与させたい場合
  • ・環境負荷軽減対策が要求される舗装工事の場合
  • ・交通開放時間の短縮が必要な現場の舗装工事の場合

再生改質アスファルト

  • ・劣化した舗装発生材の旧アスファルトの性状を回復させます。
  • ・ポリマー改質アスファルトⅡ型を用いたバージン改質混合物と、同等の耐流動性を有する改質再生混合物を製造できます。
  • ・通常のポリマー改質アスファルトⅡ型と同様の取扱(プラント製造・現場施工)が可能です。
  • ・レジフィックスRは再生骨材10~30%程度、レジフィックスRHは再生骨材30~50%程度の配合に対応可能です。
【用途】
  • ・再生骨材を用いた耐流動対策用混合物
  • ・再生骨材を用いた耐摩耗対策用混合物
  • ・再生骨材を用いた橋面舗装用混合物

再生用新アスファルト〈ラスファルトシリーズ〉

  • ・再生用新アスファルトの各品質規格(舗装再生便覧)に適合します。
  • ・再生添加剤等を配合しており、再生骨材中の旧アスファルトの性状を回復します。
  • ・プレミックスタイプのため、再生添加剤の投入手間が省けます。
  • ・貯蔵温度、期間、安全管理面は通常のストレートアスファルトと同様の条件で取扱いできます。
【用途】
  • ・再生密粒(13)での再生骨材混入率の目安は、一般用(再生アスファルト40~60)について
    ラス100(25~55%)、ラス120(30~60%)、ラス150(45~65%)、
    ラス200(55~75%)、ラス250(65~80%)、ラス300(70~85%)です。
  • ・積雪寒冷地用(再生アスファルト60~80)については、
    ラス100(10~25%)、ラス120(15~30%)、ラス150(25~45%)、
    ラス200(40~55%)、ラス250(50~65%)、ラス300(55~70%)です。

中温化技術〈Wバインダーシリーズ〉

  • ・アスファルト混合物の製造温度を通常のストレートアスファルトより30℃程度低減できます。
  • ・アスファルトプラントの燃料消費量や二酸化炭素(CO2)排出量の低減が可能です。
  • ・温度低減機能の持続性があるので、施工性の改善ができます。
  • ・バインダーおよび混合物の性状は、ストレートアスファルトとほぼ同等です。
【用途】
  • ・環境負荷軽減対策が要求される舗装工事
  • ・交通開放時間の短縮が必要な現場の舗装工事
  • ・夜間、冬場、その他施工性改善の必要な場合
  • ・再生アスファルト混合物の製造温度を通常の新アスファルトより30℃程度低減できます。
  • ・アスファルトプラントの燃料消費量や二酸化炭素(CO2)排出量の低減が可能です。
  • ・温度低減機能の持続性があるので、施工性の改善ができます。
  • ・再生アスファルト混合物の性状は、通常の新アスファルトと同等です。
【用途】
  • ・再生骨材30%程度の再生アスファルト混合物
  • ・環境負荷軽減対策が要求される舗装工事
  • ・交通開放時間の短縮が必要な現場の舗装工事
  • ・夜間、冬場、その他施工性改善の必要な場合
  • ・アスファルト混合物の製造温度を通常の改質Ⅱ型より30℃程度低減できます。
  • ・アスファルトプラントの燃料消費量や二酸化炭素(CO2)排出量の低減が可能です。
  • ・温度低減機能の持続性があるので、施工性の改善ができます。
  • ・バインダーおよび混合物の性状は、改質Ⅱ型と同等です。
【用途】
  • ・環境負荷軽減対策が要求される舗装工事
  • ・交通開放時間の短縮が必要な現場の舗装工事
  • ・夜間、冬場、その他施工性改善の必要な場合
  • ・ポーラスアスファルト混合物の製造温度を30℃程度低減できます。
  • ・アスファルトプラントの燃料消費量や二酸化炭素(CO2)排出量の低減が可能です。
  • ・温度低減機能の持続性があるので、施工性の改善ができます。
  • ・バインダーおよび混合物の性状は、改質H型とほぼ同等です。
【用途】
  • ・環境負荷軽減対策が要求される舗装工事
  • ・交通開放時間の短縮が必要な現場の舗装工事
  • ・夜間、冬場、その他施工性改善の必要な場合

石油アスファルト20~40

  • ・硬質アスファルトに用いる石油アスファルト20~40の標準的性状(舗装施工便覧)に適合します。
  • ・貯蔵期間、安全管理面は通常のストレートアスファルトと同様の条件で取扱いできます。
  • ・アスファルトタンクによる貯蔵中の分離は有りません。
【用途】
  • ・橋面舗装用(グースアスファルト用)

プラントミックス用添加剤

  • ・1 種類でポリマー改質アスファルトⅡ型、Ⅲ型、H型に対応可能(マルチタイプ)
  • ・少量の混合物製造に対し、柔軟な対応が可能
  • ・常温貯蔵可能で、特別な在庫管理不要
【用途】
  • ・耐流動密粒舗装、排水性舗装
  • ・少量の改質アスファルト混合物出荷対応
  • ・プレミックス改質アスファルトの配送困難な地域対応(離島等)用

*JMAAS01:日本改質アスファルト協会規格