昭和瀝青工業株式会社

工事部

TAKAEDA DAICHI高枝 大智

インターンシップで
会社と自分とのギャップを埋める

今の仕事について

先輩社員の下で事務作業に従事。公共工事における入札契約の流れ、設計図書を基に工事価格を算出する積算業務について学んでいます。積算がズレると落札が出来ないため、責任は重大。今はまだ教えてもらうことばかりなので、言われたことに対するレスポンスに時間がかかりすぎないように、気をつけています。工事部の先輩は、気さくで話しかけやすい人ばかり。上司部下の関係性がとても良く、どんな些細なことでも話を聞いてもらえますし、わからないことはやさしく教えてもらえます。私も今後入ってくる若い活発な人たちと仕事をして、刺激をもらいながら、これまで以上の仕事をしていきたいと思っています。

私の就職活動。SHOREKIを選んだ理由

大学で学んだ建築関連の知識を活かしたいと、施工管理業務がある会社をメインに就職活動を行いました。退職率が高いイメージがあるこの業界で働いていくにあたり、SHOREKIのようにバラエティに富む部署が揃っていることは大きなポイント。総合職で採用されましたので、工事部だけではなく、製造部など、若いうちにいろいろな部署を経験し、様々なことを学ぶことで広い視野をもって、自分の未来を拓いていきたいと思います。自分にベストな仕事は何か、毎日の仕事にワクワクしています。

将来の夢は?

私たちの仕事はまさに地図を変えるような仕事です。
将来は自分が建てたと胸を張れる道路を多く手掛けることが目標です。例えば、「高野龍神スカイライン」のように、大きな工事をして、家族に自慢できるようになりたいですね。

こんな人と一緒に働きたい

責任感のある人
道路があるからこそ、便利な生活ができています。人々の暮らしを支えていることを常に意識し、責任感をもって仕事と向き合える人に来てほしいです。

学生の皆さんへメッセージ

自分自身の就活を振り返ると、SHOREKIのインターンシップに参加し、活躍する先輩のリアルな話を直に聞けたことがとてもよかったと思います。先輩社員たちは仕事の楽しい面だけでなく、辛い面も、悩みも、他の会社では聞けなかったたくさんのことを教えていただき、「こういう人たちと一緒に働きたい」と思い入社を決意しました。
インターンシップに参加すると、会社のことをより深く知ることができます。だから出来るだけたくさんのインターンシップに参加して、自分が何を面白いと感じ、何にやりがいを感じるのかを知ってほしいと思います。自分の目指す道にあった会社ならば、入社後、自分の考え方とギャップを感じて辞めたいなんて思わないはずですから。SHOREKIのインターンシップでは、先輩方はどんなことも包み隠さず話してくれましたし、応えてくれる時間を作ってくださるので、しっかり質問を用意して、その会社で自分が働くイメージを掘り下げていくことが大切。仕事の進め方や任され方、社風、自分に合いそうな会社かどうか、見極められる貴重な機会です。インターンシップへの参加をお待ちしています。